創発機能高分子研究チームのホームページへようこそ!
当チームでは、新しい有機半導体高分子材料の開発と、有機電子デバイスへの応用に取り組んでいます。特に、高分子薄膜中の分子レベル・ナノレベルの構造を自在に制御する手法を追求し、これまでにないレベルでの構造制御によって、飛躍的に電子デバイス性能を向上させるためのブレークスルーを探索しています。薄膜太陽電池や電界効果トランジスタなどの既存の有機電子デバイスに加えて、新規な機能を持ったデバイスの開発にも取り組んでいます。
研究概要

Random Pick!

有機薄膜太陽電池のドナー/アクセプター界面構造制御により、電圧向上と電流維持の両立に成功(Adv. Energy Mater. 2014DOI

Random Pick!

分子自己組織化によって薄膜中の半導体高分子を垂直に配向させる方法を開発(JACS 2013DOI

Random Pick!

分子設計による薄膜中の相溶性コントロールによってポリマーブレンド薄膜太陽電池で高効率を達成(Adv. Mater. 2013DOI

Random Pick!

半導体ポリマーのフッ素化アルキル側鎖の置換パターンが表面偏析に及ぼす影響を明らかに(J. Mater. Chem. A 2013DOI

Random Pick!

有機薄膜太陽電池のドナー/アクセプター界面に存在する双極子モーメントの電場による反転スイッチング(Adv. Mater. 2013DOI

Random Pick!

自己組織化単分子膜と表面偏析単分子膜の両方を使うと半導体高分子の薄膜中でのより高い垂直方向伝導が可能に(Chem. Commun. 2014DOI

Random Pick!

1000 nmを超える近赤外光応答を持つ挟バンドギャップ半導体高分子の設計(polymer 2014DOI

Random Pick!

フラーレンを連結した半導体ジブロックコポリマーによって薄膜太陽電池のナノ構造を自己組織化で制御(Macromolecules 2012DOI

Random Pick!

ベンゾセレノジアゾールを用いた挟バンドギャップポリマーの合成と有機太陽電池への応用(Macromolecules 2013DOI

Random Pick!

PCBMの結晶化によるエネルギー構造の変化(J. Phys. Chem. C 2014DOI

Random Pick!

近赤外応答を持つポリマーブレンド薄膜太陽電池(ACS Macro Lett. 2014DOI

(独)理化学研究所
創発物性科学研究センター
創発機能高分子研究チーム
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
TEL: 048-467-5731 (ext. 8691)
FAX: 048-467-9790
Email: info-empoly*riken.jp
(*を@に置き換えてください)

Information